太陽光発電を導入するメリットというのは、本当にたくさんあります。
メリットがたくさんあるからこそ、太陽光発電の導入も進んでいるわけなのですが。

最初のメリットというのは、クリーンエネルギーになるということです。
最近では、原子力発電はほとんど稼動しておりません。
日本の発電事業の大半を、火力発電でまかなっております。
しかし火力発電を稼動させるためには、多くの天然ガスが必要となります。
最近は円安傾向となっていため、輸入が必要な天然ガスの価格も高くなっております。
また、火力発電というのは、燃焼させることで発電をするものです。
その燃焼のプロセスで、どうしても二酸化炭素が発生してしまいます。
二酸化炭素が大気中に放出されると、それが温室効果ガスとなります。
温室効果ガスは、大気の熱が宇宙空間に放出されるのを妨げる働きがあります。
その結果、閉じ込められた暖かい空気によって、地球温暖化が進行してしまうということです。

しかし、太陽光発電であれば、その心配はありません。
太陽光発電のエネルギーの源は「太陽の光」なのです。
天然ガスと異なり、太陽の光は輸入する必要がありません。
元手はただというわけですので、経済的にも圧迫されることもありません。
また、太陽光発電の発電は、二酸化炭素を一切発生しません。
ちなみに、太陽光発電に使うパネルですが、落石などで破壊されたとしても、有害物質は発生しません。
そういった意味でも、とてもクリーンエネルギーなのです。
そのため、地球温暖化防止の切り札としても注目されています。
太陽が降り注いでいて、送電網が整備されているところであれば、どこでも利用することができます。
それは、先進国であろうとも、発展途上国であろうともです。
太陽の光は、全ての国に平等に降り注いでいるのですから。
現在では火力発電が中心ですが、将来を見据えた場合、間違いなく発電の中心となるのは、太陽光発電です。
これは日本のみならず、世界中でそのような傾向になっていくことでしょう。