私は国分寺市で不動産業を営んでいます。
家業を継いだ訳ではなくて自分でこの事業を立ちあげました。
自宅兼事務所に太陽光発電を設置して家庭用蓄電池をセットして電気料ゼロを目指しています。
近くに私の住宅兼事務所に光をさえぎるものは無く太陽光発電には適していると思っています。
また屋根の形状も南向きでその点でも太陽光発電に適していると思っています。
売電などには興味は無くてもっぱら自宅と事務所の電気料を賄おうと言った目的です。
蓄電装置を付けておけば夜間太陽光発電の発電がなくても電気が使えます。
しかしながら問題になったのは設置の為の補助金です。
国や都の補助金はあるのですが国分寺市の補助金は無いのです。
東京都の他の区などは手厚い補助金があるのですがなぜか国分寺市には補助金がないのです。
これであると全体の投資額の4分の1くらいは補助金で賄うことができますが、
何とも残念です。
しかしながら東京都の補助金は半端な金額ではありません。
1kwにつき10万円の補助金で上限が100万円、つまり10kwの発電容量の太陽光発電に対応できます。
国分寺市の補助金がないことでブツブツ文句を言っていますが他の道府県の補助金に比べたら雲泥の差があります。
多分他の道府県に人から見たら羨ましがられることは間違いありません。
今ではほぼ電気料をゼロ円にすることに成功しています。
最近気をよくして売電と言うことも考えるようになりましたが、
初期の目的を達したのでそれで良しと考えようと思っています。
思い切って太陽光発電にして良かったと思っています。