現在、日本の太陽光発電でトップリーダーと言っても過言でないのが、sharpです。
今やシャープといえば、薄型液晶テレビと並んで、この太陽光発電が基幹産業となっております。
そんなトップブランドですから、もちろん導入することで様々なメリットがあります。

まずは、コストパフォーマンスが高いということがあります。
シャープの太陽光発電は歴史があります。
国内の太陽光発電ではトップリーダーですし、世界に目を向けたとしても、リーディングカンパニーのひとつであります。
世界と勝負をするためには、太陽光発電の設備を量産できる体制を作っておかないといけません。
シャープには、その体勢が十分に整っております。
大量生産が可能となるということは、それだけ生産コストを安く抑えられるということです。
一方大量生産をしているからといって、品質が落ちるというわけではありません。
大量生産であろうとも、そうでなかろうと、太陽光発電の品質は変わりありません。
コストパフォーマンスを重視する方や、とにかく安く太陽光発電を導入したいと考えている方は、sharpを選択肢に入れてください。
では、どのくらいコストパフォーマンスが高いというのでしょうか。
それを端的に現すデータとして、1ワット当たりの価格というのがあります。
最大出力が1ワットあたり、どれくらいの値段になるのかということです。
この値段が安ければ安いほど、コストパフォーマンスが高いということになります。
他の国内メーカーが500円台から700円台になっているのに比べて、シャープ製の太陽光発電は、なんと467円です。
40円くらいの差なんて、大したことないと思っている方も多いでしょう。
しかし通常の太陽光発電を導入する場合、最低でも1キロワットは使用します。
つまり、1ワットの1000倍ということです。
となるとコストパフォーマンスも1000倍されますので、その差も40円の1000倍で40000円ということになります。
コストパフォーマンスで40000円も差が出るというのは、結構大きいものです。
ちなみにこの40000円という数字ですが、自治体の補助金の少ないところと大体同じくらいです。
そう考えると、40000円の差というのは、結構大きいものがあります。
コストパフォーマンスを考えるのならば、やはりシャープですね。