太陽光発電は、全国的に注目されているエネルギー源です。
一昨年前の東日本大震災を起因として発生した福島原子力発電事故によって、原子力発電の危険性が問題視されてきており、それに代わる代替エネルギーをどうするかということが社会的な課題とされています。
節電などを実施してはいますが、それにも限界があります。
クリーンなエネルギー源としては、水力発電や風力発電、地熱発電などがありますが、普及がしやすいものとして太陽光発電の導入が勧められています。
太陽光発電は、個人の家庭など、小規模から導入することのできる点に強みがあります。
しかし、まだまだ初期投資の費用は相当高くなってしまいます。
自宅の設備で発電した電力は、自宅で利用することができ、さらに余った電力は電力会社に買い取ってもらうことができるため、長期的に利用すれば初期投資の負担を回収することができますが、それでも最初の負担が大きくて導入に踏み切ることができない家庭も多いと思います。
そういった方々にとって有利な制度があります。
中野区では、一定の条件をクリアすれば、区から太陽光発電の導入に対して助成金を支給しています。
中野区だけでなく、他の市区町村でも制度があるでしょうし、東京都や国家からの助成金など、いろんなパターンがあるので、十分に調べてから設備の購入を検討したいところです。
購入する店舗でも助成金がもらえる設備かどうかをよく調査してから購入することをお勧めします。