地元は東京なんですが、福島第一原発での事故に伴う計画停電や、節電意識の高まりによって、
まずは実家に太陽光発電のシステムを導入したいと考えるようになりました。
何故ならば、夏や冬の節電は高齢者にとって肉体的に大変な面が多いと感じたからです。
ヒートアイランド現象により、近年、都会では夏に猛烈な暑さを感じるようになりました。
高齢者や幼児にとっては、冷房がなければ熱中症の危険が高まり、それが命をも奪ってしまう可能性があります。
また冬は暖房が無ければ、寒さを凌ぐ事すら出来ないかもしれません。
地域やこの国の発展の為に、また私達を守る為に力を尽くしてくれた両親だけではなく、地域の高齢者の方々に、不憫な思いをさせたくない。
しかしながら、節電にも協力したいという思いが同時にあるのです。
だからこそ、ピークカットに貢献する事が可能になると期待され、太陽エネルギーというクリーンな燃料によって発電する事で、安心して電気を使える環境を創出したいと感じるようになりました。
しかしながら、その導入に際してトラブルが生じるケースもあると伺っています。
見積もりや図面を契約者に見せない業者、適当に見積もりを出し、以外に後日、追加分の工事代金を請求する業者、手抜き工事を行う業者等に泣かされる消費者の方も、なかにはいらっしゃるみたいです。
極めて一部ではありますが、はびこる悪徳業者に騙されない為にも、まずは複数業者に見積もりを依頼し、メリットやデメリットを自分自身がしっかり把握した上で契約する事が大切だと私は思います。