昨今、原子力発電所の停止に伴う電力不足が懸念されています。
特に、東京は多くのオフィスがあり消費電力も多いことから、夏場には計画停電がなされるなど、少しでも多くの電力は求められています。
そこで、注目されているのが安全な発電と言える太陽光発電です。
無限の再生可能エネルギーである太陽光を利用した太陽光発電は、発電時に二酸化炭素を発生しないので地球温暖化を防止するという利点もあります。
また、発生させた電力を電力会社に供給することで電力不足を補うことができ、さらに売却代金を得られるので電力が収入源になるともいえます。
このようにメリットがたくさんある太陽光発電の設備を取り扱う電気屋は増えてきています。
ただ、太陽光発電システムの設置には100万円から150万円と高額な費用がかかるため、その設置を迷う人も多く居ます。
そこで、多くの家庭に住宅用太陽光発電システムを普及させるために設置費用を軽減しようと、国は補助金制度を設けています。
さらに、東京都においてもエネルギー機器等の導入促進事業として設置時の補助金制度が設けられています。
また、東京都内の区や市町村などの自治体においても補助金制度を設けているところがあり、それぞれの自治体における環境問題への関心の高まりが見受けられます。
そして住民は国の補助金や都の補助金、自治体の補助金などを併用することで、初期費用を抑えて太陽光発電システムを設置することができます。
消費者である住民自らが自発的な発電を行う太陽光発電は、東京都内において益々需要が伸びていくといえます。