次の太陽光発電のメリットというのが、屋根の有効活用になるというものです。
これまで、屋根というのはどのように活用されてきたでしょうか。
病院の建物の屋上部分であれば、洗濯物を干すのに使っていますよね。
マンションの屋上は、特に何かに使われているというわけではありません。
一方、太陽光発電を普及させるための課題として挙げられるのが、その場所の確保です。
最近では、企業などが広い土地を使ったメガソーラー発電を開始させています。
しかし、そのような広大な土地は、なかなか日本には余っておりません。
確かに、まとまって大きな土地と言うとないのかもしれませんが、細分化された土地であればあります。
それが、屋根です。
特に都心部においては、たくさんの建物があり、その建物の数だけ屋根があります。
その屋根、ただ屋根としておいておくのは、非常にもったいないですね。
広大な土地を遊ばせておくようなものです。
それならば、その「広大な土地」、是非太陽光発電に活用したいものです。

屋根を太陽光発電で活用するには、こんなメリットがあります。
まずは、送電の心配をする必要がないということです。
メガソーラーで山奥に太陽光発電のパネルを設置する場合、送電線を引き込まなければなりません。
その作業も結構大変なものです。
しかし、太陽光発電を屋根で行う場合には、最初から電線がある場合がほとんどです。
パネルを設置しておけば、設備投資はほぼそれで完了です。

あとは、これを機に屋根のリフォームを仕様という、モチベーションになります。
別に、太陽光発電を設置する際には、よほどの屋根でない限り、設置をすることができます。
かやぶき屋根などはさすがに無理ですが。
しかし、これを機に屋根そのものを軽量化しようと、リフォームに踏み切る方もいます。
こういった状況の場合、補助金が出る場合が多いからです。
これを機に屋根のリフォームをすれば、耐震性能の強化にもつながりますし、屋根にとってはいいこと尽くめではないのでしょうかね。